ダウ・エレクトロニック・マテリアルズ傘下の日本合弁会社、東芝から2014年サプライヤー表彰を受賞

ペンシルベニア州フィラデルフィア - March 24, 2014


ダウが東芝セミコンダクター&
ストレージ社四日市工場より受賞した2014年東芝パートナーシッピプ賞

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーの事業部門ダウ・エレクトロニック・マテリアルズは、 同社の合弁会社ニッタ・ハース社が東芝セミコンダクター&ジ社四日市工場(東芝)から2014年パートナーシップ賞を受賞したと発表しました。

ニッタ・ハースは東芝の協力のもとパッド生産プロセス、パッド検査プロセスの簡素化を実現し、IC 1000 研磨パッドの生産性改善を達成しました。この改善が東芝のCOO 低減にも寄与したことが認められ今回の受賞となりました。

「お客様のビジネスを支援する弊社の不断の努力を認知するこの受賞を光栄に思います。これは弊社とお客様間の緊密な協力関係の成果を反映したものであると同時に、ダウが提供する製品とサービスの価値をも証明するものです。」と木下正治、ニッタ・ハース社長が述べています。

小森谷和雄 営業本部本部長と井上憲一 セールス・アカウントマネージャーがニッタ・ハースを代表して表彰を受けました。この賞はニッタ・ハースのVA活動の賜物であり、東芝への貢献の大きさを証明するものです。

ダウとニッタ・ハースはさらなる微細化が進む半導体業界およびその関連業界を研磨の先端技術でサポートしています。ニッタ・ハースは半導体、シリコンウェハーおよびHDD基板の研磨用途向けにハードパッド、ソフトパッドからユニークなスラリーまで幅広い製品群を提供しています。


ニッタ・ハースの井上憲一氏(左)、セールス・アカウントマネージャーおよび小森谷和雄氏 (中央)、営業部長そして東芝セミコンダクター&ストレージ社四日市工場の渡辺友治氏(右)、工場長 

ダウ・エレクトロニック・マテリアルズについて

ダウはエレクトロニクス業界向け材料と技術を備えたグローバルメーカー、ダウ・エレクトロニク・マテリアルズは半導体、インターコネクト、フィニッシング、ディスプレー、太陽光発電、LED、光学市場で技術革新の先導的役割を果たしています。世界中の先端技術センターを発信地として、ダウの基礎研究科学者と応用技術専門家のグループはお客様と緊密な協働作業を進めながら次世代エレクトロニクスに必要なソリューション、製品、テクニカルサービスを提供させて頂いております。このようなパートナー関係がダウの発明力のエネルギー源です。ダウはパーソナルコンピューターからテレビモニター、スマートフォン、タブレットおよびその他のモバイルデバイス、さらには様々な業界で使用される電子デバイスならびにシステムに至る広範囲の家電エレクトロニクスなど主要最終用途事業に参入しています。ダウ・エレクトロニック・マテリアルズに関する詳しい情報についてはwww.dowelectronicmaterials.com下さい。

ダウについて

ダウは、科学技術の力を用いて、人々の進歩に本当に必要なことにイノベーションを起こします。清潔な水、クリーンエネルギーや省エネ、農業の生産性向上など、世界が直面する数多くの課題の解決に資するべく化学、物理、生物学の交差点から価値を抽出するイノベーションに取り組んでいます。化学産業を代表する、ダウの統合化された機能性化学品、先端材料、農業科学品およびプラスチック事業は、成長著しい包装材料、エレクトロニクス、水、コーティングや農業などの分野において、約180カ国で製品やソリューションを提供しています。2013年の年間売り上げは570億ドル以上、従業員数は約5万3千人です。世界36カ国201カ所の生産拠点で、6千を上回る製品の生産に従事しています。「ダウ」または「弊社」は明示的に別途注記されない限りザ・ダウ・ケミカル・カンパニーとその連結子会社を意味します。ダウに関する詳細についてはwww.dow.comをご参照下さい。


For Editorial Information:

Robin Sprague
Dow Electronic Materials
+1 302 366 0500
rsprague@dow.com

Amy Smith
Impress Labs
+1 401 369 9266
amy@impresslabs.com

Dow エレクトロニック・マテリアルズ
ニュース